ぜんしきょうは仲間という絆の力で、少子高齢社会の介護 および育児問題の解決に取り組んでいる福祉事業団体です。

1985年の設立当初から変わらない当会の理念は、 絶対的相互扶助です。

“一人の愛はみんなのために、みんなの愛は一人のために” 温かい心を持って、お互いに支え合う社会にならなければ 介護問題は解決できないという、創業者の信念に 基づいています。

「介護が必要になった時、誰に介護を頼めるか」 あるいは「介護の負担を家族に押し付けたくない」 という老後の不安を解消するしくみが必要と考え、 団体の設立に至りました。

この理念に則り私たちが行うすべての社会福祉活動は、 利潤を追求するビジネスとは一線を画し、皆さまの 生活向上のために全力を尽くすものです。
営利を目的としない団体だからこそできる思いやりを モットーとした活動を、私たちは続けています。






「自己よりも他者の利益を第一に考え、深い人間愛をもってみんなが幸せになるよう支え合う」 思いやりの精神を大切にする団体であること。
一人ではできないことも仲間の力を結集し“愛の和”を築くことによって、温かくそして力強く、 今ある問題の解決と豊かな未来創造に取り組んでいくことを約束します。

ぜんしきょうの「仲間」とは
ぜんしきょうでは事業にご参加いただく方を「仲間」と呼びます。
「仲間」とは理念を共有し、同じ目的に向かって行動する人の集まりを意味するもので、 単に組織に属する「会員」とは違うことを表しています。